セミナー詐欺に学ぶ!仮想通貨詐欺に騙されやすい人と騙されない方法

この記事は約 7 分で読めます。

仮想通貨詐欺がブーム

世の中にはたくさんの詐欺があり、毎年騙される人は跡を絶ちません。どうして詐欺がなくならないか……それは詐欺が儲かるから、つまり詐欺に引っかかってしまう人が後を絶たないからです。

今話題の仮想通貨にもたくさんの詐欺事件があり、多くのお金が騙し取られています。詐欺師にとって、投資素人が多く参加している仮想通貨は絶好の詐欺商材になるようです。

参考|やっぱり危険?仮想通貨詐欺の代表的な3つの手口と相談窓口

そんな多くの詐欺事案の中で特徴的な詐欺として、セミナーはどのような商材にも利用され続けています。そのため、セミナー詐欺の手口をよく知ることは詐欺から身を守る基本と言っても良いでしょう。

今回は、今後も減らないであろう仮想通貨詐欺に騙されないために、さまざまなセミナー詐欺の特徴についてお話したいと思います。

セミナー詐欺に騙されやすい人の特徴

まずは、セミナー詐欺に騙されやすい人の特徴を紹介します。もし以下に該当する人は、現実を受け入れて警戒心を持つよう心がけてください。

特徴1.人と自分を比較する

人と比較をして今の自分を評価する傾向のある人、たとえば周りに自分よりも年収が高い、良い車に乗っている、良い会社に勤めている人がいた場合、自分は劣っているという感情を持ってしまう人は要注意です。

人と自分を比較する人は、目標が自分より良い生活をしている人を超えることになるため、射幸心の煽りに乗ってしまいがちです。

特徴2.独立志向が強い

独立志向が強い人は一概に言えるものではありませんが、目的が起業したい、独立したい、新しいビジネスを作りたいだけの人は注意が必要です。

もちろん、これから起業する業界のナレッジ共有のセミナーであれば問題ありませんが、「やることが決まってないけど起業したい!」「何でもいいから儲かるビジネスを知りたい!」という視点の人は、目新しいものに飛びつく傾向があります。

特徴3.疑り深い・人を信用しない

疑り深い・人を信用しない人は簡単に人に心を開かないため、詐欺に騙されにくいと思われがちです。ただ、自分でも疑り深いことを理解している分、自分の判断で一旦信じてしまうと盲信してしまう傾向があります。

つまり、自分の判断が間違っているとは疑わないため、時間をかけて何度も接触をすることによって詐欺師に心をひらいてしまう可能性があります。

特徴4.限定品に弱い・流行が好き

限定品に弱い・流行が好きというのは、どちらも日本人に多い傾向です。限定品に弱い人は”今ここでしか手に入らない”という煽りが効きやすく、流行が好きな人は”みんな持っている”という煽りが効きやすい人たちです。

日本人はとても真面目かつ勤勉で、ルールを遵守する民族です。普段の生活から、「集団で和を乱さない→流行が大好き」「今しか咲かない桜が好き→限定に弱い」と言い換えられる特性があるとも言えます。

注意すべきセミナーの種類と手口

セミナー詐欺にはさまざまな種類がありますが、特に注意すべきは下記の形態を取るセミナーです。

  • 自己啓発セミナー
  • 起業セミナー
  • 投資セミナー
  • 仮想通貨投資セミナー

このようにいろいろな切り口でセミナーが行われていますが、セミナー詐欺はほぼ手口が共通しています。

1.狙いはあなたの資産である

これはすべての詐欺に共通している詐欺師の狙いです。逆に言えば、あなたが資産を差し出さなければ詐欺は成立しません。

まぁそんなことは誰もが百も承知なのですが、詐欺師はあの手この手で詐欺を成立させてしまいます。

2.あなたの弱みが大好物

あなたはなぜセミナーに参加するのでしょうか。

自己啓発セミナーは自分を奮い立たせて成功を手にしたいという理由、起業セミナーは起業して成功する方法を知りたいという理由、投資(仮想通貨含む)セミナーは投資で儲けられる方法を知りたいという理由です。

そんなあなたに質問です。「本当に邪な気持ちは全くないといい切れますか?」邪な気持ちとは、俗に言う「射幸心」です。

具体的に言うと、「少しでも楽して儲けたい」「少しでも早く成功したい」「とにかく助けてほしい」などです。詐欺師は、そんなあなたの「邪な気持ち」が大好物です。

少なくとも、そういったセミナーに足を運ぶあなたより詐欺師の方が何枚も上手なのは間違いありません。

3.真実の中に嘘を隠す

セミナーは閉じられた空間で行われます。

詐欺師からすれば、自分の話を聞きにわざわざ来ている顧客であり、いかに自分を信用してもらえるよう洗脳できるかに全力を注ぎます。

そのため、詐欺師の話す内容の多くは真実で、実際の失敗体験談や成功体験談を語るでしょう。

しかし、話の内容は巧みに嘘が散りばめられていたり、抽象的な内容にぼかされていて、自分の功績のように話していても「他人のフンドシ」ということもあります。

おそらくプロの詐欺師の話術レベルで、その中から嘘を見つけるのは不可能に近いと思います。ですが、それはあなたを洗脳するためのトークであることは肝に銘じましょう。

4.将来に対する不安を煽る

セミナーに来ている時点で、「今現在何らかの不満、あるいは解決したい問題を抱えている」ことは明白です。そして、現在の不満や問題を将来の不満や問題にすり替えます。

「こうしてはいられない」「なんとかしなければ」といった危機感を持たせる手口です。危機感を募らせれば募らせるほど、詐欺師の思う壺です。

5.成功者の成功っぷりをアピール

これは詐欺師自身の場合、第三者を呼ぶ場合、どちらも存在します。または、著名人を呼んで自分を応援してくれてるように見せかける手口も存在します。

いずれにせよ、「自分もそうなりたい」というイメージを植え付けるわけです。芸能人などはお金さえ払えばどこにでも来てくれますし、知らない人の成功体験の捏造は造作もありません。

重要なのは、他人はあくまで他人であるということを認識することです。イメージはいくらでも操作することができるということです。

6.今だけ・あなただけ特別に

「この成功をつかむための方法を今だけ、そしてここにいる皆さんだけにお教えします。」という言葉を聞いたら、冷静に考えてみましょう。

本当に儲かる方法を他人に教えるか?
競争相手は少ない方が良いと思わないか?
なぜ成功者が自分に教えようとしているか?
その情報にどれだけ価値があるのか?
情報を教えて得られるものは何なのか?

そういう冷静な疑問をちゃんと考えることができる自制心を持つことが重要です。

7.初期費用などの名目で提示

タダでオイシイ情報をゲットできるわけはありません。

前述しましたが、詐欺師の目的はあなたからお金を騙し取ることです。もちろん、あからさまに騙し取るわけではなく大義名分が必要です。

手口は様々ですが、どのような形でもお金を要求された場合、それはほぼ詐欺の手口だと思って良いでしょう。

自己啓発セミナーの場合はマンツーマンの指導料やスピリチュアル系の物品販売、起業セミナーの場合はマルチ商法の勧誘や高額なコンサルティング費用など、投資セミナーの場合はここでしか買えない証券や仮想通貨など……。

はっきり言いますが、そこでしか手に入らないものなど存在しません。そして、あなたが支払った以上の価値が生まれるものもありません。

セミナー詐欺の事例

では、いくつかセミナー詐欺の事例を挙げてみましょう。

ビジネスセミナー詐欺

参考|「カリスマ実業家」が投資詐欺の疑いで逮捕 元セミナー参加者は絶句 – ライブドアニュース

この投資詐欺では「月利1.5%の投資枠、元本保証あり」と触れ込み、セミナーなどを頻繁に開いてお金を集めていました。

一部ではカリスマ実業家と崇められていたようですが、そもそも投資で元本と月利が保証されるものなどありません。どれだけ相手が信用できる人か、だけではなく、言葉の真偽を冷静に判断することが重要だと気付かされる事例です。

起業セミナー詐欺

参考|起業セミナー称しマルチ商法勧誘法教える…2億円不正集金か、詐欺容疑で福岡県警捜査(1/2ページ) – 産経WEST

こちらは高額セミナー系詐欺疑惑の事例ですが、起業の方法を教えるといって受講者を集めておきながら、実際はマルチ商法の勧誘方法だったというよくあるパターンです。

しかも、セミナー受講料が100万以上だそうです。そんな高額な受講料を支払ってまで教えてもらいたかったことが逆に気になります。

仮想通貨セミナー詐欺(疑惑)

参考|仮想通貨マルチ商法のクローバーコインとは?香港で上場の真相は

こちらは仮想通貨セミナーで連鎖販売(マルチ商法)で売られていた有名なクローバーコインです。仮想通貨はICOも含めて、特定の場所でしか入手できないということはありません。

参考|仮想通貨のICOとIPOの違いは?トークンセールの危険性とは

結局、クローバーコインを販売していた48(よつば)ホールディングスは希望者に返金し、当初のものとはおそらく異なる別のトークンを新クローバーコインとして上場しようと試みているようです。

参考|仮想通貨セミナーで流行中のマルチ商法とは?MLMの多くは詐欺? | FIN-ROUND

仮想通貨詐欺に騙されないための心得

これまでの手口や教訓を踏まえて、仮想通貨詐欺やセミナー詐欺に騙されないための心得です。

  • 自己啓発で状況打破はありえないと知るべし
  • 楽して儲かる方法など存在しないと知るべし
  • そこでしか手に入らないものなどないと知るべし
  • 人の成功を羨むべからず
  • 全ては自己責任であることを肝に銘ぜよ

成功者と同じことをして成功できるなら、世の中成功者だらけになります。ビジネスにしても、投資にしても、結局のところ自分の頭で考えて、失敗して、また考えての繰り返しで成長するしかありません。

一攫千金に夢を抱くことは決して悪いことではありませんが、それが単なる怠惰や楽をして儲けたいという短絡的な発想を抱くことこそが、詐欺師の格好の餌食になるわけです。

詐欺で失うのは「お金」だけではなく、人生でもっとも大切な「時間」も無駄にします。そして、信じたものが詐欺であった場合、あなた自身の「自尊心」も傷つきます。

そんなリスクを負う前に、今一度自分と向き合ってみることをおすすめします。

役に立ったらシェアしてね