仮想通貨取引所(交換所)と販売所の違いは?お得な使い分け方

この記事は約 4 分で読めます。

仮想通貨を買える2つの場所

仮想通貨を売買するためには、仮想通貨取引所(交換所)を利用する必要があります。

もちろん、ビットフライヤーでも、ザイフでも、DMMビットコインでも、コインチェ……、まあひとまず自分が良いと思う仮想通貨取引所に口座を開設して入金を済ませたら、ようやく仮想通貨の購入開始です。

そこでメニューをしっかり見て理解しなければいけないことは、「仮想通貨取引」と「仮想通貨販売」の違いです。

実は仮想通貨取引には、取引(交換)と販売という仮想通貨を買う2種類の方法があり、この違いをわかっていなければ損をする可能性があります。1つの仮想通貨取引所の中に取引所と販売所の2箇所が共存している場合もあります。

では、仮想通貨取引(交換)と仮想通貨販売は一体何が違うのでしょうか。

仮想通貨取引所(交換所)とは

仮想通貨取引所(交換所)とは、たとえばビットコインを買いたい人が買い注文(◯◯円で◯◯BTCを買いたい)、売りたい人が売り注文(◯◯円で◯◯BTCを売りたい)を出し、その価格が一致したときに取引が成立する場所を言います。

出典|bitflyer

取引所での仮想通貨の取引は株取引のように板情報(上記)を使って行われます。すなわち、投資家同士の売買をマッチングするのが仮想通貨取引所の役割になります。

仮想通貨販売所とは

仮想通貨販売所とは、仮想通貨交換業者が持っている仮想通貨(仕入れた仮想通貨)を売買できる場所を言います。販売所は取引所のような売買のマッチングとは違い、販売所と購入者のOTC取引(店舗などの対面販売)が行われます。

出典|bitflyer

たとえばbitflyerの場合、仮想通貨交換業者が提示するビットコインの「購入価格」と「売却価格」があり、この価格に納得をした人が売買を行います。

ただし、購入価格と売却価格には取引所の価格に比べて差があります。上図を見てわかる通り、ユーザーは1BTCを995,591円で買うことができ、955,955円で売ることができます。

仮想通貨販売所を使えば仮想通貨が確実に買えるメリットはありますが、取引所に比べて購入時は割高、売却時は割安になるため、緊急時に利用する場所として認識すると良いでしょう。

実際の取引所と販売所

では、仮想通貨取引所のZaifを例にして、実際の仮想通貨取引所と仮想通貨販売所の画面を見比べてみましょう。

出典|Zaif

まず画面上部の矢印部分に「取引」というメニューがあります。ここをクリックすると取引所の画面に遷移します。取引所画面には、基本的に仮想通貨のチャート、売買板、売買注文フォームがあります。

仮想通貨の取引を行う際は、この画面を見ながらリアルタイムで売買される様子、他の投資家が売買希望価格に並ぶ様子を見ながら指値注文や成行注文を行います。

指値注文とは、売買したい値段と仮想通貨の数量を指定して注文する方法のこと。成行注文とは、値段を指定しないで売買したい仮想通貨の数量のみ指定して注文する方法のこと。

Zaifで販売所を使いたい場合は、「簡単売買」というメニューをクリックすると販売所の画面に遷移します(仮想通貨交換業者によって名前が違う)。

仮想通貨の売買を行う際は、仮想通貨の数量または日本円の金額を設定して売買を行うことになります。

取引所と販売所の違い

取引所と販売所の最も大きな違いは、取引所は自分が希望する価格で売買できることに対して、販売所は業者が決めた価格でしか売買できないことです。

取引所を使う場合、通常は以下のように「971389円で買いたい人が並んでいる」「971000円で売りたい人が並んでいる」と価格が拮抗します。

出典|bitflyer

ところが、販売所を使うと好きなときに仮想通貨を購入できる代わりに、以下のように購入価格と売却価格に差が付けられています。この価格差のことをスプレッドと言い、仮想通貨を仕入れて販売している業者にとっての収益になります。

出典|bitflyer

取引所と販売所の使い分け

もちろん、取引所と販売所にはこれだけ仮想通貨の売買価格差があるため、わたしたちが普段仮想通貨を購入する場合は、取引所を使ってなるべく自分が買いたい価格・売りたい価格で売買する方が賢い方法です。

ただし、取引所は自分が希望する価格を提示して売買するため、取引が成立しない場合もあります。

とくに仮想通貨の価格変動が大きい場合は売買の速度が速まり、買いたい価格で買えずに急騰したり、売りたい価格で売れずに急落することが起こります。たった5分で10%以上の価格変動も珍しいことではありません。

現在の仮想通貨は投機の側面が強いためデイトレなど短期の売買を行っている人も多く、ボラティリティで利益を取りたい人にとって売買のチャンスを逃すことは避けたいはずです。

そのため、より確実に仮想通貨の購入や売却を行いたい場合は、少々高くても(安くても)販売所を活用した方が機会損失を避けられ、リスクヘッジに活用できる可能性があります。

もちろん、取引所や販売所はそれぞれのサービスによって使い勝手が異なります。まずは自分が使っている仮想通貨交換業者のサービスをよく知り、普段の売買と緊急時の売買で注意すべき点を押さえておきましょう。

役に立ったらシェアしてね