ビットコインマイニングとは?今から始めていくら儲かる?

この記事は約 7 分で読めます。

なぜビットコインが信用できるのか

通常、わたしたちが普段使うお金(通貨)は、国(政府や中央銀行)が発行し、国が通貨の価値を保証するため安心して使うことができます。

仮に、「あなたが持っている100万円を200万円分のザンビアクワチャ(ザンビアの通貨)と交換して欲しい。」と言われても断るはずです。では100万円分の金(ゴールド)だったらどうでしょうか……。金投資を考える人であれば交換しますね。

これは日本人が円や金(ゴールド)は信用していて、ザンビアクワチャを信用していないためです。つまり、通貨には信用がなければいけません。

参考|通貨の定義、価値を持つ条件とは?仮想通貨はお金に代わる? | FIN-ROUND

さて、ビットコインは国などの発行主体が存在しない「分散型通貨」です。そのため、誰かが「こんなものに価値なんてない。」と言い、みんながそれを信じてしまうと、そのときからビットコインは無価値になります。

ただし、それを防ぐために「ブロックチェーン」等の技術や「マイニング」などの仕組みがあります。

参考|仮想通貨に使われるブロックチェーンの仕組みとメリット・デメリット | FIN-ROUND

今回は、公平にビットコインを新規発行する仕組み「マイニング」についてお話したいと思います。

ビットコインの新規発行の仕組み

わたしたちが普段使っている法定通貨(円など)は、国などの発行主体が市場経済の動向に合わせて通貨量を増減しています。つまり、通貨の新規発行や破棄は国が国内外で協調しながら行っています。

ところが、ビットコインは管理者が不在でプログラミングされたルールによって動いているため、通貨の新規発行もルールによってコントロールされ、かつ発行される通貨量の上限も初めから決まっています。

通貨の新規発行ルールのことをマイニング(採掘)と言い、マイニングに協力をする人のことをマイナー(採掘者)と言います。

マイニングによって新規発行されたビットコインは、ビットコインの運営維持(取引の承認などブロックチェーンの維持)に協力したマイナーに報酬として支払われます。

つまり、「マイニング=ブロックチェーンの維持=通貨の新規発行=マイナーへの報酬」ということになります。

では、具体的にマイニングとはどのような行為でしょうか。

マイニング(採掘)とは

ビットコインは、ブロックチェーンによって全ての売買取引記録(正確には送り合うやり取り全ての記録)を取引台帳に記録し、以下のように誰でも見られるように公開しています。

出典|https://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions

公開されている取引台帳は暗号化されているため「誰と誰がビットコインの取引をしたか」はわかりませんが、公開されていることで通貨自体の不正操作がないことを担保しています。これは仮想通貨に信用を持たせるために非常に重要な処理です。

ところが、取引記録を取引台帳に記録する処理には、第三者がコンピューターで暗号計算をして、それを検証する作業が必要です。そして、この暗号計算には膨大な計算量が必要です。

そのため、マイニングは特定のコンピュータが行うのではなく、世界中の多くの有志が自分のコンピュータを使って暗号計算を行い、その見返りとして新規発行のビットコインを得るという仕組みが成り立つわけです。

ビットコインのブロックチェーンの仕様上、10分に1問の暗号計算が出題され、マイナーが一斉に計算を始めます。そして、暗号計算を一番早く回答した1名(ソロマイニング)、または1チーム(マイニングプール)のみが正規取引(ブロック)として採用され、ビットコインが与えられます。

参考|ソロマイニング、マイニングプール、クラウドマイニングの違い | FIN-ROUND

マイニングと呼ばれるくらいなので、金鉱を採掘するイメージですね。作業者が多く、作業量が多いほど金を掘り当てる確率が上がることと同様、パソコンの台数が多く、スペックが高いほど新規発行されるビットコインを獲得できる確率も上がります。

マイニングで得られるビットコイン量

前述した通り、ビットコインの取引はマイナーによるマイニングによって成り立っています。では、マイニングをしたマイナーにはどれだけのビットコイン報酬が与えられるのでしょうか。

ビットコインはマイニングをすれば永遠に増えていくわけではなく、発行されるビットコイン総量が決まっています。つまり、マイニングには上限があるということです。

By Insti [CC BY 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/3.0)], via Wikimedia Commons

ビットコインスタート時点の2009年のマイニングでは、10分に1度50BTCが報酬としてマイナーに与えられていました。1日は1440分なので、当時は「144回×50BTC=7200BTC」が1日に発行される新規ビットコインでした。

マイナーへの報酬は約4年に1度半分に減ります。このタイミングを「半減期」と言います。

参考|ビットコインの半減期とは?2020年オリンピックで価格はどうなる | FIN-ROUND

予定では4年に1度半減期を迎えながら2140年に上限の「20,999,999.9769 BTC」まで発行されます(1BTC=1ビットコイン)。

半減期とマイナーの報酬
2009年01月|マイナーの報酬は10分あたり50BTC
2012年11月|1回目の半減期でマイナー報酬は10分あたり25BTC
2016年07月|2回目の半減期でマイナー報酬は10分あたり12.5BTC
2020年?月|3回目の半減期でマイナー報酬は10分あたり6.25BTC
……

このように4年に1度半減期を迎えてマイナーの報酬は半分に減り、それがビットコインの貴重性を高めるという仕組みをとっています。ただし、実際の期間は4年よりも少しずつ短縮しています。

実際のマイニング作業とは

では、実際に行うマイニングとはどのようなものでしょうか。「マイニングでビットコインがもらえるなら挑戦したいけど、難しい計算なんてできないし……。」

いえ、マイニングに必要な暗号計算はパソコンが勝手に行うため、実際に頭を動かして計算する必要はありません。マイニングのやり方はいくつかあるのですが、それはまた別途お伝えします。

簡単に言うと、いくつかある無料のマイニングソフト(発掘用アプリケーション)の1つを選んでダウンロードし、マイナー(採掘者)としてアカウント登録をしたら、後はマイニングソフトを実行するだけです。

マイニングは誰でも”無料で”気軽に始めることはできますが、現状ビットコインはマイナーが多すぎます。以下は、「ジェネシス・マイニング」というマイニング事業をする会社のマイニング工場です。これを見ると1台の一般的なパソコンでは、ビットコインを手に入れることはほぼ不可能だとわかります。


Building Enigma / The largest Ethereum Mining Facility from Genesis Mining on Vimeo.

参考|最大のクラウド ビットコイン マイニング会社 | ジェネシス・マイニング

ビットコインマイニングは儲かる?

1台の一般的なパソコンでは……と聞いて「でも無料だし、パソコンを動かしておくだけなら損しないでしょ。」と思うかもしれませんが、実際は儲かるどころか損をしてしまいます。

1.パソコン性能が違い過ぎる

例えば、MacBook Pro(3.1 GHz Intel Core i7 / Intel Iris Graphics 6100 1536 MB)のハッシュレートと呼ばれる採掘速度を調べてみると、100%稼働させて 30 H/s という数値です。(freebitcoinでブラウザ越しに計測したものです)

マイナーは採掘速度を求めてグラフィックボード(GPU)を購入しマイニング専用マシンを自作したり、そもそもマイニングマシンとして開発されているものを調達しますが、それらの採掘速度は「◯◯ MH/s(ギガハッシュ) ~ ◯◯ TH/s(テラハッシュ)」です。

イマイチ伝わりづらいと思うので桁を揃えてみると違いがわかります。これはチーターと亀が徒競走をするようなものですね……。

マシン 採掘速度 H/s
Antminer S9 13,5000,0000,0000,0000
MacBook Pro 30

2.電気代がかかりすぎる

それだけではなく、マイニングはパソコンを稼働し続けるため電気代がかかります。「俺給料いらないから金鉱を掘り続けるわ。」という人も、ご飯を食べずに掘り続けることは不可能です。

スペックによりますが、一般的なデスクトップのパソコン1台にかかる1日の電気料金が20-30円ほどです。それに対して、マイニングで得られる円換算したビットコインの金額はおよそ10円ほどです(2018年1月現在)。

つまり、マイニング素人のわたしたちはマイニングをするほど損をしてしまいます。そのため、電気代や人件費、土地代が安い中国などで大規模な工場を建設して物量でマイニングに挑む企業がいくつもあるのです。

昔は普通のノートパソコンでも発掘作業をして、ビットコインを得られたんですけどね……。

とは言え、仮想通貨はビットコインだけではありません。アルトコインでもまだマイニングできるものはいくつもあります。

そのため、仮想通貨の未来が明るいと信じている人は、今のうちにマイナー(そのままの意味)なコインを発掘しておくと一攫千金の夢を見られるかもしれません。いずれそちらもご紹介したいと思います。

役に立ったらシェアしてね