ビットコインの送金方法は?遅い・失敗する理由と確認方法

この記事は約 5 分で読めます。

送金はビットコインの基本

ビットコインなどの仮想通貨の特徴の1つに「送金」があります。ほとんどの仮想通貨は第三者機関が仲介に入らないため、世界中どこにでも簡単に送金を行うことができます。

ちなみにここで言う送金とは、ビットコインを自分が保管しているウォレットから別のウォレット(他人のウォレット)に移動する行為を言います。

わたしたちはお金を送金する行為、お金を支払う行為、為替取引する行為を全く別物と捉えていますが、ビットコインなどの仮想通貨ではすべてウォレットからウォレットに移動するため同じ行為です。

つまり、ビットコインによる支払いもあなたのウォレットから店舗のウォレットにお金を送金するということです。そのため、送金方法はしっかりと理解しておかなければいけません。

では、実際にビットコインを送金する方法はどのようなものでしょうか。

ビットコインの送金方法

ビットコインの送金はビットコインを置いているウォレットから行います。使用するウォレットによって操作方法に若干の違いはありますが、大抵は「送金」や「出金」といった項目があります。

上図はポピュラーなウォレットのひとつ「BLOCKCHAIN」このウォレットでは送金のことを「送信」と表記

そして、送金に必要な入力項目には次のものがあります。

  • 送信先(宛先)のビットコインアドレス
  • 送金(出金)する数量(金額)
  • 取引手数料、送金手数料、出金手数料など

BLOCKCHAINウォレットの送信画面

送信先(宛先)のビットコインアドレス

ここには、送金したい相手のビットコインアドレスを入力します。

手動で入力しても構いませんが、アドレスを打ち間違うと知らない別のウォレットに送金してしまうため、なるべくコピー&ペーストで確実にアドレスを入力してください。

また、ウォレットによってはQRコードに対応しているものもあるので、QRコードを読み込むなど間違いのないように注意しましょう。

送金(出金)する数量(金額)

ここには送りたいビットコインの数量(単位はBTC)を入力します。

ウォレットによっては日本円で入力できる場合もありますが、実際に日本円で送金するわけではなく、日本円を現在のBTCレートに自動換算して送金することができます。

取引手数料、送金手数料、出金手数料など

ビットコインの送金には取引手数料が発生します。しかも取引手数料は自由に入力できるため、初めてだと戸惑う部分だと思います。

ビットコインは送金などの取引(トランザクション)が行われると、その取引の承認が必要です。銀行で送金をする場合は銀行が責任を持って正しい金額の送金処理をしますが、ビットコインは第三者が取引の正確性を承認します。

そうすることで、悪意ある人が取引記録を改ざんしたり、顧客から預かった資産を横領できない仕組みになっています。

取引を承認するのは世界中にいる「マイナー」です。ビットコインの送金で発生する「取引手数料」とは、ビットコイン取引を承認する「マイナー」に対して支払われる手数料になります。

この取引手数料には明確な取り決めがなく、取引手数料が多いほど「取引の承認作業が優先される」ようになっています。

そのため、急ぎの送金処理を行う場合は多めに設定し、急ぎでない場合は少なめに設定することになります。とはいえ、基準がないと「多い」「少ない」が決められないため、以下の国内の取引所の手数料を参考にすると良いでしょう。

参考|ビットコイン送金手数料は?各取引所の仮想通貨送付手数料一覧 | FIN-ROUND

ただし、最低ラインの取引手数料では送金完了までそ数日かかかる場合もあるため、各取引所や利用しているウォレットに合わせて適宜調整してみてください。

ビットコインの送金が遅い理由、失敗する理由

送金が遅くなる理由

「昨日送金の処理をしたのに、まだ送られていない……。」ということが起こるのは、ビットコインの売買取引、送金などのトランザクションが大量に発生していることが考えられます。

これをスケーラビリティ問題と言い、俗に「ビットコインの送金詰まり」や「トランザクション詰まり」などとも言います。

参考|Segwitとは?ビットコインのスケーラビリティ問題は解決した?

さらに送金詰まりに加えて、前述した通り送金する際の取引手数料を低く設定すると優先度が低くなり、承認作業が後回しにされてしまいます。

ビットコインではブロックが形成される10分に1度処理が行われるため、何十万件の取引が大量に行われた場合、取引手数料によっては延々待たされることになります。

ビットコインのトランザクション状態を確認する方法はたくさんありますが、以下のサイトではビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)のトランザクション状況を視覚的に確認できます。

参考|TX HIGHWAY

最下部の1本の道路がビットコインの送信(=1M)を表しており、上の8本の道路がビットコインキャッシュの送信(=8M)を表しています。ビットコインの交通量で混み具合がわかりますね。

また、自分が行った送信処理が現在どういう状況かを簡単に確認できるサイトもあります。下記サイトの右下にある「サーチ」という入力欄で自分のBTCアドレスや相手のBTCアドレスを検索することで、現在の取引状況を確認できます。

参考|Bitcoinブロックエクスプローラ – ブロックチェーン

送金が失敗する理由

送金処理が失敗する理由で最も多いのは「入力したアドレスの間違い」です。正しいビットコインアドレスを入力しないと、違う誰かのウォレットに送金されてしまいます。

次に考えられるのは「対応していないウォレット」への送金です。仮想通貨は原則としてビットコイン、イーサリアム、リップルなど銘柄ごとにウォレットが別物で、ビットコイン用のウォレットにリップルを入れたり、イーサリアム用のウォレットにビットコインキャッシュを入れることはできません。

ただし、ビットコインから生まれたビットコインキャッシュやイーサリアムプラットフォームで作られたトークンなど、元になる技術が同じ場合などは一緒に保管できる場合もあります。

取引所のウォレット機能は、その取引所が扱う銘柄を入金(受信)できる場合がありますが、これは取引所が提供している1サービスで、ウォレットすべてがそうではありません。

そのため、取引所しか利用したことがない人は注意が必要です。

慣れないうちは不安がありますが、ブロックチェーンが使われている仮想通貨の取引台帳は誰でも確認できますし、高いセキュリティで守られています。

ただ、マウントゴックス事件やコインチェック事件のように、取引所のセキュリティは取引所のポリシーに左右されるため、取引所に入れっぱなしにはしないで、専用のウォレットで自己管理するよう心がけましょう。

参考|仮想通貨取引に必須!ホットウォレットとコールドウォレットの違い

役に立ったらシェアしてね