ハードフォークとは?仮想通貨分裂によるメリットとデメリット

この記事は約 7 分で読めます。

仮想通貨が分裂?

2017年8月、ビットコインが分裂して「ビットコインキャッシュ」が誕生しました。

仮想通貨が分裂……2017年秋以降に仮想通貨取引に参加した人は、分裂という言葉だけを聞いても意味がよくわかりませんよね。「分裂」という言葉は、なんとなくネガティブなイメージが漂ってきます……。

仮想通貨の分裂はこれまで何度も起こっていてます。そして、今後も今持っている仮想通貨を含め、必要に応じて何度も分裂が起こる可能性があります。

この仮想通貨の分裂のことを「ハードフォーク」と言います。

なぜ仮想通貨は分裂することがあるのでしょうか。また、ハードフォークが行われることでリスクは考えられるのでしょうか。

今回は、ハードフォークの意味と仮想通貨の分裂によるメリットとデメリットについてお話します。

ブロックチェーンの仕組み

ハードフォークを理解するために、まずブロックチェーンのおさらいをしておきましょう。

多くの仮想通貨にはブロックチェーンという技術が使われています。ブロックチェーンは取引記録のデータの塊(ブロック)がチェーン状に連なるイメージからそう呼ばれています。

この連なったブロックには、そのコインが誕生してから現在までのすべての取引履歴が漏れなく記録されており、今後もそのコインが存在する限り半永久的にブロックが増え続けていきます。

また、ブロックチェーンは一種のデータベースですが、従来のようにサーバーにデータを格納するのではなく、P2Pでネットワークに参加している不特定多数がそのデータを分散共有しているため消失することはありません。

ブロックチェーンに関する詳しい解説は下記を参考にしてください。

参考|ブロックチェーンの仕組みとは?メリットとデメリット | FIN-ROUND
参考|ブロックチェーン2.0|ビットコイン2.0を理解する7つのキーワード | FIN-ROUND
参考|仮想通貨初心者も簡単にわかるブロックチェーンの解説 | FIN-ROUND

仮想通貨運営に関与する人々

ビットコインのような非中央集権型の仮想通貨には、特定の管理者がいません(必要ありません)。その代わり投資家も含めて、一般的には有志の参加者が以下の様々な役割を担います。

  • 開発者
  • マイナー(ブロック生成をして報酬を受取る人)
  • ウォレットサービス提供者(&周辺でビジネス展開する人)
  • 投資家
  • 利用者

ビットコインは中枢プログラムを作る開発者も有志の参加者が集まった集団であり、作られたプログラムも公開(オープンソース)されています。

このように、ビットコインなどの非中央集権型の仮想通貨は投資家も運営者もみんな一般人であり、特定の管理者や組織が特別な権限を持たない仕組みで成立しています。

では、管理者が存在しない仮想通貨において、仮にプログラムの修正や改良を行わなければいけない場合、誰がどのように進めるのでしょうか。

BIPなどによる仕様変更などの改良

いくら仮想通貨に管理者がいないと言っても、ずっとそのままでは規格自体が古く使いづらくなったり、バグなどのエラーが出たときに利用者が困ってしまいます。

仮想通貨によって仕様変更などの改良方法はまちまちですが、ポピュラーな方法はコミュニティで話し合って決めるという方法がとられます。

たとえばビットコインの場合、BIP(Bitcoin Improvement Proposals)という議題提案があります。

BIPに仕様変更が提議されると、実装に向けての議論がコミュニティ内で行われ、最終的に採択された変更を開発者が実装するプロセスを踏みます。

ここで、小さなコミュニティであれば採択の決議に全会一致を求めることもできますが、全世界に参加者がいるビットコインはコミュニティに参加するメンバーも多くなるため、考え方の違いで派閥が生まれることもあります。

そのため、どうしても両者の考え方が相容れない場合、袂を分かつしかなくなるケースが出てきます。

そこで検討されるのが「ハードフォーク」という仮想通貨を分裂させる方法です。

しかし、元々同じものに対しての未来を語ってきたわけですから、ベースは同じものである必要があります。

ハードフォークとは

ハードフォークのフォークは食事に使うフォークのことです。フォークは先が枝分かれしているため、「分岐する」という意味で使われます。

先ほど「袂を分かつ」と言いましたが、仮にビットコインにおいてBIPで全会一致で承認された場合でもハードフォークは行われ、その場合仮想通貨は分裂しません。

しかしハードフォークの実装は参加マイナーだけでなくフルノードユーザー含めて全会一致が必要なため、なかなか実現するものではありません。

そのためハードフォークが発生するケースでは、ほとんどが「袂を分かつ」と言えます。そして、袂を分かつ形でハードフォークが実施されると新しい仮想通貨が誕生します。

冒頭でも書きましたが、2017年8月、ビットコインのハードフォークが実施されたことで新しく「ビットコインキャッシュ」が生まれました。

この時、ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題に関して、「ブロックサイズを増やす派」と「Segwit実装推進派」で意見が割れ、最終的にブロックサイズを増やす派がハードフォークを行いビットコインキャッシュを作りました。

参考|Segwitとは?ビットコインのスケーラビリティ問題は解決した? | FIN-ROUND

新しい仮想通貨と言っても、ビットコインの基本部分は継承しており、ビットコインの改善的な修正を施した新バージョンと言えます。

ハードフォークを行うと、あるブロックからブロックチェーンが二手に分岐し、それぞれが新たなルールで運用を開始します。

ちなみにハードフォークに対して「ソフトフォーク」と呼ばれる処理も存在しますが、それはまた別途ご紹介します。

ハードフォークのメリット・デメリット

ハードフォークで様々な問題を解決した新しい仮想通貨が誕生することはメリットのように思えます。改善された新仮想通貨が元の仮想通貨と同じくらい人気がでればメリットですが、現実は両方共倒れになる可能性もはらんでいます。

メリット1.バグ解消や機能向上

ハードフォークによって新たに誕生する仮想通貨は、元の仮想通貨の不具合や解決すべき問題に対して、改善を行ったり、機能を加えたりなど少なくとも元の仮想通貨よりも使いやすく機能が向上します。

メリット2.同数のコインがもらえる場合がある

ハードフォーク元の仮想通貨を所持している場合、ハードフォーク後の新しい仮想通貨を同じ数量付与されることがあります。

取引所にあずけている場合は、取引所の方針に準ずるため一概にもらえるとは言えませんが、投資家にしてみればタダで新しい仮想通貨がもらえる可能性があるのは大きなメリットです。

デメリット1.元コインの価値が下がる

仮想通貨の多くは最大発行枚数が設定されています。ビットコインにも2100万枚という上限数があります。

上限が定められていることが、価値の保存に繋がります。金(ゴールド)などの貴金属や宝石なども、埋蔵量に限りがあって存在自体が貴重だからこそ価値が高まります。

それにもかかわらず元の仮想通貨より高性能な仮想通貨が登場するということは、少なくとも元の仮想通貨の価値が下がると考えることが普通です。

新しい仮想通貨に人気が集中して、盛り上がれば成功と言えるのかも知れませんが、元の仮想通貨が暴落するとその他の仮想通貨も引きずられて市場全体が暴落する可能性もあります。

デメリット2.新コインが上場されるとは限らない

ビットコインからビットコインキャッシュが誕生した時、多くの取引所では両方を取り扱うという対応をしました。

しかし、その後ハードフォークによって誕生した仮想通貨はあまり注目されず、新しい仮想通貨の取り扱いはほとんどありません。仮想通貨は取引所に上場していないと取引量が増えません。

また、仮に新しい仮想通貨を取り扱うと決定した場合は、元の仮想通貨の価格下落を招く恐れがあるため、取引所も対応が慎重になります。

デメリット3.ハードフォークが失敗する可能性がある

ビットコインなど仮想通貨は、基本的に有志のメンバーで開発されています。

そのため開発スケジュールの遅れや動作検証の不備などによって、ハードフォーク予定日までに開発が完了するとは言い切れません。仮に実装後にブロックチェーン上でエラーが発生し、取引自体にダメージを与える可能性もゼロではありません。

ハードフォークが与える影響

ビットコインキャッシュで初めてハードフォークが成功して以来、ちょっとしたハードフォークブームが発生しました。中には断念したものもありますが、今後ハードフォークを強行する仮想通貨が出てくる可能性もあります。

ハードフォークが必ずしも望んだ結果になるかどうかわからないため、大きなリスクが常にあると考えた方が良いでしょう。

ビットコインやイーサリアムのようにハードフォークが成功をした例もありますが、当時は仮想通貨市場にも勢いがありましたし、「ビットコインやイーサリアムが失敗する訳にはいかない!」という市場の思惑もありました。

そのため、ハードフォークにはメリットもありますが、それよりもリスクの方が大きいため望ましい行為だとは言えません。

とはいえ、中央集権体制から脱却した新しい自律運用型のビットコインが経済にもたらしたインパクトが大きいことも事実です。

ハードフォークによって新しい仮想通貨が誕生することも非中央集権型の特徴だと言えるため、わたしたちユーザーはどのような意図を持って、どのような目的のためにハードフォークが行われるのかを正しく認識しなければいけません。

役に立ったらシェアしてね