イーサリアムのトークン発行規格ERC20とは?問題点と今後の解決策

この記事は約 7 分で読めます。

ICOが爆発的に増えた理由は?

イニシャル・コイン・オファリング(ICO/Initial Coin Offering)という言葉を聞いたことはありますか?

ICOとは、仮想通貨を利用して企業や団体が資金を集める経済手法のひとつです。ICOの詳細は下記を参考にしてください。

参考|仮想通貨のICOとIPOの違いは?トークンセールの危険性とは | FIN-ROUND
参考|新しい資金調達方法クラウドファンディングとICOの仕組みの違い | FIN-ROUND

最近は中国や韓国をはじめ世界的な規制の方が話題になるICOですが、仮想通貨調査会社スミス+クラウンによると、2017年のICOでの資金調達額は6000億円を越えているそうです。

ICO案件は現在も怪しいものを含めて百花繚乱……これだけICOという手法が普及した要因の1つに「ERC20」があります。

ERC20とは

ERC20とは、端的に言うとイーサリアムプラットフォームにおけるトークン発行の仕様のことです。

ERC20の正式名称は「Ethereum Request for Comments: Token Standard #20」と言い、頭文字をとって「ERC20」と表記しています。

詳細は割愛しますが、イーサリアムの一般的な特徴は「スマートコントラクトを実装したプラットフォーム型仮想通貨」です。

イーサリアムはプラットフォーム上で、誰でも簡単に独自トークンの発行やコントラクト(契約)を自動化できるなど、多くの機能が盛りこまれたプラットフォームとして可動しています。

ただ、誰でも自由に独自トークンを作れますが、それを乱発されると収集がつかなくなります。

そこで、仮想通貨イーサリアムに関する意見を交換しあう場「Ethereum Request for Comments」においてトークン発行ルールを定める議論が繰り返され、ルール化されたフォーマットを議題番号から「#20」としたものが「ERC20」です。

このERC20のルールに従って発行されたトークンの総称を「ERC20トークン」と言い、ICOを行う際の有用な形式になりました。

ERC20トークンを使うメリット

まず何と言っても信頼されているイーサリアムプラットフォーム上で、決まった仕様に基いて発行されるトークンだという前提があるため、投資家に対する安心材料として有効に働きます。

独自仕様のトークンの場合、どういう仕様で動作するかなどの技術背景の検証だけでも骨の折れる作業です。また、投資家の全てが技術に明るいわけではないため、一定権威的な背景があった方が良いでしょう。

ICOの目的が資金調達であることを考えれば、投資家により安心してトークンを購入できる環境を提供できることは大きなメリットです。もちろんICOを実施する側も、一からコイン開発をするより圧倒的にコストを抑えられます。

また、ICOが終わって取引所に上場させる場合、すでに実績のあるERC20トークンは上場審査に通りやすいというメリットもあります。

これらがERC20準拠のトークンがICOで人気が高い理由です。

ERC20はまだ仮仕様?

ERCとは前述の通り「Ethereum Request for Comments」というコミュニティで立てられた議題であると言いました。

参考|Issues · ethereum/EIPs · GitHub

ということは、まだ議論段階の仮仕様ということも考えられます。

イーサリアムでは、プラットフォームの仕様として正式採用されるまでに様々なプロセスを踏まなければいけません。

ERCで提議された重要な問題は議論が重ねられ、「Draft(検討)」を経て、「Accepted(承認済み)」まで進められたものが、最終的に「Final(採択)」として確定します。

こうして確定されたものはEIP(Ethereum Improvement Proposals)として正式にイーサリアムの新しい仕様として開発事項に盛り込まれます。

ERC20はすでにFinalとなっており、「EIP20」として正式に採択されています。

ERC20の持つ重大な問題

何度も議論を重ねた上で正式採用されたERC20ですが、ICOで広く普及する中、重大な問題があることがわかりました。

技術的な話になりますが、ERC20トークンには「コントラクトアドレス」というものが存在します。

コントラクトアドレスとは、いわゆるユーザーの口座番号代わりになる通常アドレスとは違い、契約プログラムが走っているアドレスのことです。簡単に言えば、「コントラクトアドレス=自動販売機」のイメージです。

ICOで使われるアドレスの多くはコントラクトアドレスで、そのアドレス宛にETHを送ると自動でトークンが発行されるというスマートコントラクト(契約の自動化)を実装したアドレスです。

参考|分散型自動化企業|DACとは?ブロックチェーン・分散管理の進化 | FIN-ROUND

このコントラクトアドレスに、ERC20で処理できないトークンを送ると取引が承認されてしまい、使用不可になるという不具合問題があります。

自動販売機に対応していない硬貨を入れると、中で詰まってしまうというイメージです(昔の自動販売機には実際ありましたね……)。

ERC20すでに正式採択されてEIP20になっているため、当然この問題の改善策は新たな議題として提議されています。

ERC20の問題を解決したERC223

ERC20のコントラクトアドレスへの送金不具合を改善した規格として作られたのが「ERC223」です。細かい違いはあるものの、ERC223はERC20の上位互換と考えて良いでしょう。

ERC223には、送金が可能なアドレスかどうかを送金時に検証する機能が加えられました。

そのため、もし以前のようにコントラクトアドレスへ誤って送金してしまった場合でも、送金が元のアドレスに戻ってくる仕組みになっており、誤送金が発生しないよう制御されます。

ただし、現状ではERC223はまだステータスが「Draft」であるため、「Final」になるまでは問題は解消されません。ERC223が正式採択されれば、ERC20に置き換わるスタンダードになるのでしょう。

イーサリアムの新しい規格ERC721

イーサリアムの特徴である「スマートコントラクト」を規格化することで普及したERC20、そしてERC20の持つ欠陥を修正した上位互換のERC223ではありますが、その他の規格も検討されています。

それが、ERC20とERC223(以下ERC20系)と別のベクトルで提案された新しい規格提議「ERC721」です。

ERC20系は通貨機能を保持しつつ、スマートコントラクトを備える方向性で規格化されました。そのため、ERC20系トークンは、Fungible(代替可能)であることが特徴の1つです。これに対し、ERC721はNon-Fungible(代替不可能)という特徴を持ちます。

代替可能というのは、どこにあっても同じ価値を保存する(替えがきく)ものという意味で、日本円で例えるなら一万円札は銀行から受け取ろうが、商店から受け取ろうが、一万円札の価値は同じであるということです。

一方、手書きの絵や手作りの作品などは、例え同じようなものを作ったとしても全く同じにはなりません。同じ画家が同じモチーフで描いた絵画でも、厳密にはそれぞれ別物です。

ERC721はERC20系と後方互換性を持ちつつ、「Non-Fungible Token(代替不可能なトークン。以下NFT)」を扱える特徴を持つ新しいコンセプトの規格としてイーサリアムの新たな可能性を示しています。

NFTの有名な活用例は、2017年11月に公開された「Crypto Kitties」でしょう。

参考|CryptoKitties | Collect and breed digital cats!

Crypto Kittiesは自分だけの猫(トークン)を育成・交配・売買などをして、新たな猫を手に入れることができます。

生成される猫トークンには遺伝情報があり、この遺伝情報がブロックチェーンで記録されます。そのため、外見が同じでも持っている遺伝情報はそれぞれオリジナルであり、それぞれが固有の個体として存在します。

NFTを活用することで、単なる所有権情報だけではなく詳細な固有識別を可能にし、著作権や特許など代替不可能な価値の保全に効果が発揮されるかもしれません。

いわゆる通貨のような汎用性とは真逆の方向性を示すことで、イーサリアムの持つポテンシャルに更なる広がりを見せています。イーサリアムがビットコインに次ぐ時価総額を誇っているのは、このプラットフォームの柔軟性と将来性を考えると納得できますね。

このように仮想通貨を取り巻く技術は、使い方次第で様々な可能性を持っていることがわかります。単なる”通貨の代わり”と考えていると、大きなチャンスを逃してしまうかもしれません。

役に立ったらシェアしてね