Segwitとは?ビットコインのスケーラビリティ問題は解決した?

この記事は約 5 分で読めます。

ビットコインには多くの問題がある

仮想通貨はビットコイン以外にも種類がありますが、なぜ今現在も仮想通貨が生まれ続けているのか、その理由を知っていますか?

もちろん新しい仮想通貨の作成がビジネスチャンスにつながるということもありますが、1番の理由はビットコインが将来の通貨を担ううえで様々な問題を抱えていて、その問題を解決する仕組みを持った仮想通貨が望まれているからです。

とは言え、ビットコイン自体も新しい仕組みを入れて、少しずつ使いやすいものに生まれ変わっています。

ところで、ビットコインが持つ大きな問題の1つ「スケーラビリティ問題」を聞いたことがあるでしょうか。

「第三者の干渉を受けない通貨を作りたい」という概念で始まったビットコインが今後も生き残るためには、このスケーラビリティ問題を解決しなければいけません。そして、その解決方法に「Segwit」という仕組みに焦点が集まっています。

今回は、ビットコインにおけるスケーラビリティ問題とSegwitについてお話します。

スケーラビリティ問題

スケーラビリティを簡単に言えば「拡張性」です。つまり、ビットコインは拡張性に問題があるというのです。

ビットコインの拡張性の問題とは、トランザクション処理の遅れの問題です。そしてビットコインにトランザクション処理の遅れが発生する原因は、「ブロックサイズ」にあります。

ブロックサイズとは、ブロックチェーンを構成するひとつのブロックに格納される情報容量を言います。仮にブロックチェーンをノートに置き換えるなら、ブロックサイズはノートの1ページに書き込める文字数といったところです。

現在ビットコインはブロックサイズが1MBに固定されており、新しいブロックが作られる間隔は10分です。

利用者が少ないときはトランザクション処理も少ないため1MBで問題なかったのですが、利用者が増えることで取引量も増え、1MBしか書き込めないブロックがすぐに埋まってしまうようになりました。

さらに、ブロックが埋まっても次のブロックが生成されるまでは10分待たなければいけません。そのため、トランザクション処理の順番待ちの列が長くなりなかなか捌けない状況に陥っています。

1周10分のジェットコースターに長蛇の列ができている状態と同じことがビットコインの内部処理上で起こっているということですね。

今ビットコインで送金や取引などに時間がかかるのは、このスケーラビリティ問題があるためです。そこでスケーラビリティ問題を解決する方法の1つとしてSegwitがあります。

Segwitとは

Segwit(Segregated Witness)とは、簡単に言えばブロックに書き込む取引データサイズを小さくして、より多く書き込めるようにする方法です(実際はもっと複雑ですが……)。

ノートの例えで言うと、書き込む際の文字の大きさを小さくして書ける文字数を増やす工夫だと考えてください。

元々Segwitはスケーラビリティ問題のために開発されたものではなく、ビットコインが抱えるもう一つの問題「トランザクション展性」の解決策として登場しました。

トランザクション展性とは、トランザクションを改ざんしてエラーを起こす攻撃のことです。詳しい仕組みは割愛しますが、送金したビットコインがエラーになるため何度も送り直しをするものの実は送金されており、送金先は重複してビットコインを受け取ることができます。

Segwitはこのトランザクション展性対策プログラムとして開発されましたが、データ圧縮(サイズが小さくなる)という副次的な産物があったためスケーラビリティ問題も同時に解消できるかもと注目を集めました。

ちなみに、世界で最初にSegwitを実装したのは日本の巨大掲示板から誕生した「モナコイン」だそうです(2017年3月)。Groestlcoinという説もあります。

Segwitの懸念点

トランザクション展性とスケーラビリティ問題の両方を解決できる技術として期待されるSegwitですが、良いことばかりではありません。

懸念点1.ブロックサイズの拡張性が低い

1つはビットコインの場合1MBのブロックサイズに対して、Segwitを実装したところで1.7倍相当分しか拡大できないという拡張性の低さです。

もちろん1MBが1.7MBになればその分多くトランザクションは処理できますが、今後のことを考えると単純に問題の先送りをしているだけに過ぎません。

懸念点2.Segwit自体の拡張性がない

もう1つはSegwit自体の仕組みがあまりに複雑なため、機能の拡張性がないということです。

一度Segwitを実装してしまうと、その後スケーラビリティ問題を解決するさらに良い方法が出たとしてもSegwitを使い続けなければいけません。

スケーラビリティ問題は解決する?

さて、ビットコインはトランザクションが増えていくなかで、スケーラビリティ問題の対応に迫られました。

Segwitの登場自体は2015年ですが、実装にはハードフォークが必須のためなかなか合意に至らず、結果的に2017年7月にSegwitがアクティベートされ、Segwit推進派とブロックサイズを増やすことで解決を図ろうとする派が対立しました。

Segwitによるスケーラビリティ問題の対応は、ブロックサイズへの記述容量が小さくなるとはいえ抜本的な解決にはならないため、Segwit推進派はビットコインを将来の通貨にしたい人たちから、「ビットコインを投資対象としか考えていない」と批判されました。

最終的には同年8月にビットコインは分裂し、ブロックサイズが8MBに拡張されたビットコインキャッシュが誕生しました。この分裂騒動は記憶に新しいかもしれません。

もちろん、前述した通りビットコインのスケーラビリティ問題はまだ残っています。

ただ他にもSegwitの進化版であるSegwit2XやUASF、UAHF、ライトニングネットワークなど、ビットコインの問題を解決する技術開発は進んでいます。ビットコインを含めて仮想通貨の進化は目覚ましいため、今後の動向にも注目ですね。

役に立ったらシェアしてね